看護とカテーテルについて

カテーテルとは、医療分野において用いられる中空構造の柔らかい管のことであり、体液の排出や薬液・造影剤などの注入の際に使用されています。体腔や血管などに挿入して使用されるのですが、血管内で用いられるものはワイヤーメッシュで補強されているなど、用途によってその太さや材質は異なっています。

まず血管内にワイヤーを通してから挿入する方法が一般的であり、カテーテルを通じて血管内治療をすることも可能です。血管造影用のものや心臓用のもの、肺動脈用のもの、尿道用のものなどさまざまなタイプのものがあり、コンドームと同じように陰茎に被せて使用するタイプのものもあります。

カテーテルについて詳しく知りたいという場合は、インターネットで看護に関する情報が掲載されているサイトを調べてみると良いでしょう。「カテーテル 看護」などのキーワードで調べれば、カテーテルの用途や種類についていろいろ知ることができるのでとても便利です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ