ナースの仕事は忙しい環境でもそうでなくてもある程度の緊張感を保つことが大切です

ナースの仕事は忙しいとのイメージを持たれがちですが、診療科や時間帯によりけりです。激務と嘆く人もいれば、楽と言う人もいます。病院やクリニックなど規模にもよりますし、忙しいことを求めているナースも少なくないのです。ですので忙しい勤務が苦手な方は、楽な環境を事前に調べての応募をお勧めします。

そしてナースの仕事は比較的緊張感の高い仕事ですから、例え忙しくない環境にあってもその持続はある程度は必要になって来ます。それがミスを防ぐことに繋がったり、患者さんの小さな変化にも気付きやすくなります。楽な環境にあっても、緊張感は持ち続ける意識が大切です。一方、忙しい環境ではこの緊張感の持続が疲労を引き起こし、逆にミスを招くこともあるので注意が必要です。

高い緊張が続く環境下でも、気を緩めていい時を見つけては休むことも大切です。人を助けるには自身の管理が充分でなければなりません。忙しい環境にあろうとも、患者さんに接する時は常にベストな状態であるよう努めます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ